採用情報

  • トップページ
  • 採用情報

まずは、ものづくりが好きな人。

「ふとんファクトリー®」を運営する四国繊維販売とは

  • 1966年設立以来、寝具を中心に製造しているファクトリー
  • 他社が中国へ工場移転しても、日本で頑張っているファクトリー
  • いろんな「寝具」を企画製造できる、日本でも珍しいファクトリー
  • 技術・設備・規模で、国内トップクラスのファクトリー
  • 実は大手通販サイトでも商品が販売されているファクトリー

…カンタンにお話しすると、以上が四国繊維販売「らしさ」と言えます。
では、そんな四国繊維販売は、どのような「人材」を求めているのでしょうか。

求める
人物像

布団のことを最初から知っている人はいません。ですから、いろんなことをやってみよう、トライしてみようと思っている、元気で明るい人が求める人物像です。どのような仕事でもそうですが、前を向いて一生懸命やってくれる人に来ていただきたいです。好奇心というか、やる気を持って取り組んでみて、初めてわかることがありますから…。そこから、自分のやりたい仕事を見つけたら、それに取り組めるようにするのは、会社の務めです。夢というか、何でもやってみようという気持ちを持って来てほしいです。

トップメッセージ

四国繊維販売株式会社 会長 斎藤 勤

十数年前から工場が中国など海外に移転し、日本の「ものづくり」が衰退したと言われています。しかし、私たちの会社は、創業50年以上、日本国内で生産を続けています。
頑張っていると、いいこともあります。他社の工場の多くが中国など海外に移転した結果、現在では、国内のふとん工場において、トップクラスの生産規模と設備、ノウハウを維持する貴重な工場になりました。時代は変化し、大量に安く作るよりも、小ロットで高い品質のふとんが製造できる日本のファクトリーの存在価値は上がっています。
私自身、出張でホテルに泊まっても、ここ数年で寝具のレベルが格段に上がったと感じます。また、一般の生活者も、日本製の高品質なふとんを好む傾向にあります。生活環境やライフスタイルは変化していますが、その変化に私たちのファクトリーは対応できます。これから、もっとお客様満足度を上げたい、いい眠りをご提供したいと思っています。これから、さらに忙しくなります。みなさんも、一緒に「ふとんファクトリー」で働いてみませんか。

▼つづきをみる

CLICKしてね

四国繊維販売株式会社 社長 松井 康平

中国製品が多くなっても、我が社は日本製の「ふとん」づくりに価値を見出し、国内製造を続けてまいりました。おかげで現在は、逆に国内製造の強みが生かされ、販売店様から多くのご注文をいただいております。たとえば大手通販サイトでも、「ふとん」売上ベスト10のうち、その中の多くを製造していたりします。
布団業界も新陳代謝が進み、我が社も、ここ数年で加速して、次のステップへ漕ぎだす時期に来ています。2017年に採用した「ふとんファクトリー」という新しいブランド名は、日本でもトップクラスの生産規模・設備とノウハウを持つ我が社の新しいフラグシップ(旗印)として、広く浸透できればと考えています。
我が社は、ポリエステル製のふとんは、日本一製造しているでしょう。これからも、いろんなジャンルで「ナンバーワン」を増やしたいとみんなで話し合っています。ぜひ、みなさんも我が社で、いろんなことにチャレンジしてみてください。

▼つづきをみる

CLICKしてね

教えて!!ふとんファクトリー

どんなところに販売しているのですか?
四国繊維販売は、直接、個人のお客様に販売するのではなく、販売先は企業(B to B)です。大きく分類すると4つ、「チェーンストア(量販店)」、「通販(カタログ・インターネット)」、ふとんの「専門店」、「商社や問屋」です。
輸出はしていないのですか?
商社を経由して、中国やアメリカに輸出しています。海外に日本の「ふとん」の良さを伝えるため、今後、拡大しようと思っています。
寝具業界の「いま」を教えてください。
基本的に寝具業界は、良くも悪くもない業界といえます。市場規模としては「寝具・インテリア」で7000〜8000億円ぐらいで、その約50%は業務用ですが、私たちが作るのは、一般生活者向けです。「ふとん」は生活必需品で、必ず買うものですから、いつの時代も一定数はコンスタントに売れます。ただ、製造する「場所」と売ってもらう「お店」は、ここ数年で変化しました。「売る」ところは、インターネット通販の割合が多くなっています。「つくる」ところは、中国製が多くなりましたが、逆に、品質の良いものは、日本から中国への輸出も増えています。
中国製も品質が良くなっていますし、価格も安いのでは?
確かにそうですが、日本では、中国製よりも「日本製」に対する価値・信頼感が高まってきています。それに、中国では莫大な量を製造しないと採算が合わないのです。大量につくると安いのですが、売れ残ったり、在庫管理がたいへんになります。多品種少量で、しかも日本製のきめ細かな「対応力」「サービス力」がメーカーに求められ、国内に工場を残した「四国繊維販売」に、いま期待が高まっているのです。
日本で製造するメリット、強みは?
日本の寝具製造業の多くは、中国へと工場を移転しましたが、人件費の高騰など中国に工場があるメリットも薄れました。しかし、国産品への需要が高まっても、すぐに日本には戻れないのです。なぜなら、国内へ工場を建てようとしても、土地や設備投資に費用がかかりますし、製造する人の教育にも時間が必要です。いまから「日本製のふとんを作ろう」、「四国繊維販売に追いつこう」としても難しいのです。四国繊維販売が、現在も多くのご注文をいただくのも、売れ筋の商品を少量でも追加生産できたり、売れ残りが出そうなら生産をストップしたり、売り場と直結した「スピード」があるからです。
四国繊維販売は、日本でも大きな「ふとん工場」なのでしょうか?
はい、日本国内でもトップクラスの「規模」と「設備」、人の「ノウハウ」、「対応力」がある工場として、西日本を中心にこの業界では広く知られています。

先輩社員にインタビュー

会社全体がひとつになって最高のものづくりに励んでいます

  • 企画営業 素材の組み合わせで様々な商品ができるのが面白いですね。
  • 出荷物流 人当たりのいい方が多く面倒見のいい会社だと思います
  • 事務経理 産休・育児休暇を取得でき職場復帰することができました
  • 製造縫製 冗談をいいながら和気あいあいと仕事しています
  • 資材管理 自分なりのスタンスで仕事ができるので働きやすいです

四国繊維販売ってどんな会社?

あらかじめ、休む予定を聞いておけば、みんなでサポートして協力する雰囲気と理解がある会社です。たとえば、トライアスロンの大会に出場するので休みたいとか、ライブがあるので早退したいなど大歓迎です。他社と比べても融通の利く企業だと思います。
逆に、趣味がない人の方が心配なくらいです。

産休や育児休暇

もちろん、大丈夫です。実際に、出産後一年の産休と育児休暇を取得し、職場に復帰してくれた社員もいます。女性の方も、どうぞ安心してください。

社会貢献活動について

本社東側を流れる川に、ここ数年「ホタル」が戻ってきました。我が社は、要請を受けて水路の両岸を買い取り、ホタルの生育環境を守るお手伝いをしています。